沖縄での体験ツアーはやんばる自然塾 | 沖縄 修学旅行の体験学習

ご予約/お問合せ

沖縄 体験やんばる自然塾の公式ブログ

今月のひとりごと~新しい場所に立ち気づく~

2019.01.18

コラムニスト:島袋 悠紀(ぴょん吉)

『新しい場所に立ち気づく』

 

1月になり、もうすぐ娘が2歳になります。
バタバタと過ごす毎日で、職場にも家族にも迷惑をかけながら好きな仕事も続けさせてもらい2年が経ちました。
スタッフ1人分の役割を果たせない日が続いたりと、迷惑ばかりの日々にもかかわらず
娘にも私自身にも理解のある職場。その温かい気持ちに、しっかり感謝が足りているのだろうか…?と自分に問いながら文章を書いております。
周りの温かい対応も、日々の中で 当たり前に感じてきてしまっているようではいけませんね。
『ありがとうございます』の気持ちを初心にかえり、持ち直したい思いました。

 

ゆき

※1番よく遊んでくれる自然塾イケメンキャラのかっちゃんと娘です。

 

ゆき

 

母という新たなフィールドに立ち、世の中のお母さんの凄さを実感し、自分の問題として 育児への苦労も見えてきたことで、自分の中で、こっそり想っていた『保育士資格取得』への情熱が一気に高まりました。自然体験業に関わる中で、芽生えた幼児教育への興味。いつか『保育士の資格を取りたい』と思ってはいたものの、高卒の自分にめぐってくるチャンスは、なかなか無く動けずにいました。ですが今年から沖縄でも通信制で保育の資格を取得できるようになり、専門学生としての1年が過ぎようとしています。大人になり、学ぶことの面白さに気づいた今 そんなチャンスが巡ってきたことに感謝しかありません。

 

ゆき

 

月に何度か学生として那覇の学校に通い、授業を受ける中で 友達とよべる同年代のお母さん達ができました。この年になり、新しい友達が出来るなんて思ってもおらず、なかなか楽しい時間をおくっております。クラスの大半が子持ちの母ちゃんであり、忙しい中でレポートや試験を受ける大変さを共有できるクラスメートがいるから頑張れる。そして何より学びたいと思ったことに正面から向き合える喜びが、ただただ楽しいのです。毎日のように、なんとなく学校に通っていた学生時代の自分に言いたい!
学ぶことの面白さに、今のうちに気づいておけよっ!!って。
もったいない事をしていたなぁ…と、なんだか最近とても残念に思ってしまうのです。

やんばる自然塾でも、修学旅行の体験プログラムとして教育旅行を受け入れていますが、子ども達にも『学ぶ』という事の面白さ・大切さを体験を通して少しでも伝えられたらなぁ~と思いながら受け入れをしています。学校と違うフィールドだからこそ、いつも言われている言葉も すんなりと心に飛び込んでくることもあると思うのです。

 

ゆき

 

保育の勉強を始めて『ただ預ける場所』という認識だった保育所が、私の中で変わってきたのを感じます。保育士さんの言葉や文章、イベントや遊び方ひとつをとっても意図があり重要なことなのだと気付く様になりました。学べば学ぶほど、保育士さんに対して『ありがとう』の気持ちが深くなっています。
何かに・誰かに『共感』出来るからこそ興味がわいたり、想いが生まれたりするのですが
自分の知らないものに対しては、なかなか難しいものですよね…。
自分の狭い世界の中で知っていることは、いかに少なく乏しいかを母ちゃんになり また保育の勉強をする中であらためて思い知らされました。しっかりと、そのフィールドに自分の足で立って初めて見えてくるモノがあり、やっと誰かの気持ちが分かったりするのでしょう。

 

ゆき

 

ありがたいことに 今、私は楽しいです。
目標があり、学ぶ意欲を常に持っていることは大事だなと感じています。
子どもが大きくなった時に『子供が居たから出来ない事があったなぁ~…』と思うことがないように、今を過ごしたいと思います。
もちろん、その自分のわがままの分だけ、父ちゃんにも、ばぁばにもじぃじにも、自然塾の皆にも迷惑はかけていると思いますが、もう今は立ち止まらずに前に進むことにします。
『ありがとう』の気持ちだけは忘れずに。
『今年もご迷惑を おかけする予定です。よろしくお願いします』 以上。

コンテンツ

沖縄を体験やんばる自然塾公式ブログ
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930